みんなのねがい
2022年7月号


表紙/安田菜津紀(フォトジャーナリスト)
表紙のことば=イラク北部。クルド自治区。
夏場になると日中は50度近い気温となり、外を歩いていると、まるでハロゲンヒーターの熱風にのまれたような感覚になる。
夕方、そんな過酷な暑さが和らいだころに、人々が買い物や食事のために街へと繰り出してくる。
最大都市アルビルの「イスカーン」と呼ばれる一角は、屋台通りとしても知られている。
「どうだい、よっていくかい?」と気さくに声をかけてくれる定員さんたちに誘われ、
瑞々しい野菜と焼きたてのパン、よく煮込まれたスープを路上で頂くひと時は、取材の合間にほっと一息つける大切な時間だ。

特集 久しぶりに話そうや、私たちのねがい 2022兵庫大会

学びあい、発達保障の輪を広げよう/木下孝司(大会準備委員長・神戸大学)
離れていても、思いが伝わる大会に/早川一穂(大会準備事務局長)
アートでつながるみんなのIPPO/福元恵海(NPO法人IPPO)
手話がつなぐ子どもたちの輪/山本芙由美(ひょうご聴覚障害者福祉事業協会)
太郎さんのねがいはなんですか?/永井達也(尼崎あぜくら作業所)
高らかに響く「ひゅうまん・ぼいす」/山田優一郞(「ひゅうまん・ぼいす」元事務局長)

【インタビュー】あなたと、話したいこと/平野啓一郎(小説家)

やぎさんメーる/小森淳子(岐阜・脳性まひ当事者)

マンガ だいじょうぶ大丈夫/塩見陽子・うじたなおき
【グラビア】僕が知らなかったこと/土佐和史(写真家)

わたしの教材・教具/元治智子(兵庫 特別支援学校)
大好評連載

発達のなかの煌(きら)めき 
第Ⅰ部 障害のある子ども・なかまの発達
第4回 言葉の世界を拓く
     -障害のある子どもといっしょに創る文化を通して
 /白石正久(龍谷大学名誉教授) 白石恵理子(滋賀大学

ホームページ連動  解説版 <もう一つの「発達のなかの煌(きら)めき」>
 
第1回 「障害のある子ども・なかまの発達」を学ぶために   / PDF版
 第2回 乳児期前半の発達の階層-段階   / PDF版
 第3回 乳児期後半の発達の階層ー段階 / PDF版

仲間と親とあゆみ続けて 
 -32年間の障害者福祉実践
第4回 重度の知的障害のある仲間たちと関係を築く
 /佐藤さと子(ゆたか希望の家 相談支援事業所)
 

基礎から学ぶ 障害と医療
第1回 重度障害児者の健康管理①食事、服薬
 /植松潤治(滋賀 かいつぶり診療所・湖北グリーブクリニック院長)

発達保障インタビュー バトンゾ→ン/西園健三さん(ユースコラ鹿児島)

ニュースナビ 「学校の先生が足りない」~その原因はどこに
 /佐竹葉子(全日本教職員組合 障害児教育部長)

人として/藤原精吾(弁護士)
この子と歩む/堀江美扶由(兵庫・加古川市)

子ども虐待と家庭支援④
改めて子ども虐待対応の中での家族支援を考える/鈴木浩之(立正大学)


実践の魅力 本人の想いや経験を肌で感じられる訪問支援
 /谷部有彦(兵庫 合同会社コスモ 保育所等訪問支援ぐり’Z

世界の風/大和田章、みんなのひろば、BOOK、サークル・読者会だより/原田文孝

ご感想、ご意見はここをクリックしてメールください

本誌購読について
 ▶本誌や年間購読のお申し込みはこちらをクリックしてください。
 ・本誌は、全国どの書店でも注文できます(セブンイレブンでも注文できます)
 ・当会出版部へのご注文は 注文用紙(ここをクリックしてください)で電子メールください
  送料含む代金は郵便振替にて1週間以内にご入金ください。
定価 715円(本体650円・税65円)
編集 全国障害者問題研究会

みんなのねがいバックナンバーへ

 「みんなのねがい」TOPに戻る