障害者をしめ出す社会は弱くもろい
 
  藤井克徳
(日本障害者協議会代表、日本障害フォーラム副代表、きょうされん専務理事)
   定価1500円+税  ISBN978-4-88134-595-5 C3036  2017.8.15
■ 

 目次

 はじめに

 1 なお続く”この国に生まれた不幸”
 2 戦争と障害者
 3 障害児の全員就学と地域での運動起こし
 4 エネルギー不滅の法則
 5 地域で創り、全国とつながりながら
 6 津久井やまゆり園での殺傷事件に思う −「特異な事件」だけでは済まされない
      詩@ もっと生きたかった
 7 抱きしめたい障害者権利条約
      障害者権利条約条文
      詩A 恥をかかせないで
 8 天国の先輩からも大きな拍手
 9 運動は他者を変え、そして自分をも
 10 あそこまではやれた私たちの国
 11 憲法ずっとはこれからも そして安心保障を
      詩B わすれないで
 12 災害大国と障害のある人
 13 新たな政策潮流と運動の課題 −「我が事・丸ごと」政策の本質をどうみるか
     詩C 裏切らない

 ターニングポイント発言録
  @参考人意見陳述 第162回国会 衆議院厚生労働委員会 2005年5月17日
  A参考人意見陳述 第185回国会 参議員外交防衛委員会 2013年11月28日
  B国連第7回障害者権利条約締約国会議 我が国発言骨子 2014年6月10日
  C国連第7回障害者権利条約締約国会議 ラウンドテーブル 2014年6月11日
  D障害者自立支援法違憲訴訟原告団・弁護団と国(厚生労働省)との
    基本合意文書 2010年1月7日

 おわりに 


「みんなのねがい」9月号
「みんなのねがい」好評連載「この国に生まれてよかった この時代に生きてよかった」。それに「我が事丸ごと」政策、災害と障害者の二章を書き下ろし、障害者権利条約めぐっての国会や国連での「ターニングポイント発言録」も加わりました。今日の障害者問題の本質にせまる13タイトルですが、読者とのキャッチボールを楽しむようなエッセイ風で、読みやすく、わかりやすく、深く学べます。
 理不尽な「就学猶予・免除」。障害児の全員就学と地域での運動起こしを体験し卒業後の働く場=共同作業所づくりへ。「環境によって障害は重くも軽くもなる」「運動は裏切らない」と、悪法・自立支援法や制度改革推進会議、権利条約批准とその実現めざします。相模原殺傷事件、障害者と戦争、憲法の課題整理も参考になります。みんなと学ぶ学習会に最適の一冊です。


上田敏(医学者)さん
 内容はもちろんながら、いつもながらの藤井さんの説得的で、ひそかなユーモアを交えた語り口を楽しみました。特にある一つのテーマについて論じた最後に、そのエッセンスをひとことでまとめることのうまいことにはいつも感服します。

永塚友啓(税理士)さん
 今、障害のある人の暮らしぶりは、流れが変わろうとしている。象徴的なキーワードとして「優生思想」「排外主義」が国の内外で顕在化してきているという。
 その根底にあるのが、基本的人権の否定・軽視。こうした中で、今こそ「障害者権利条約」が私たちの北極星としてひときわ輝いている。地道で真摯な運動を絶やさず、この条約の根本を実現しようと呼びかける。
 ドイツでは戦争中に障害者が次々と抹殺されていた。日本でも障害者がなきものとして扱われていた時代があった。そうした中から、障害を持つ子供たちに教育を受ける権利を保障する運動、働く権利を保障する共同作業所の活動などを通じて、障害がある人たちの人権を認めさせてきた藤井さんたちの運動の軌跡、凄いエネルギーを感じる。
 いくつもの宝石のような言葉がちりばめられている。実践の中からしか生まれない。 「エネルギー不滅の法則」「できない理由を上げるのではなく、できるためにどうするか」「安心保障を」「活気の根っこは運動」・・・たくさん並べることができる。様々な場面でこうした考え方は役に立つ。


ご注文はオンライン・カートオンラインショップへ    セブンネット  

■ もどる