障害者家族の老いる権利

 田中 智子
(たなか ともこ)
  佛教大学、全障研常任全国委員
  定価1980円(本体1800円+税)  
  ISBN978-4-88134-935-9 C3036  2021.7.15

はじめに

プロローグ 四半世紀の年月を重ねて


Ⅰ ライフサイクルを通じて積み重なる生活問題

  1 〝ケア〟と〝子育て〟の境界
  2 子育て期の母親の生活問題


Ⅱ 家族から社会へのケアの移行

  1 家族から社会へケアの移行を考える①―移行の現状ととりくみ
  2 家族から社会へケアの移行を考える②─親の視点から
  3 家族から社会へケアの移行を考える③─きょうだいの視点から
  4 家族から社会へケアの移行を考える④─障害当事者の視点から
  5 家族から社会へケアの移行を考える⑤─専門職の視点から
  6 親を看取る


Ⅲ 周縁化された問題にも目を向けて

  1 中山間地域における家族の高齢化問題
  2 無年金障害者の高齢期の生活問題
  3 成年後見制度の課題と限界


Ⅳ 老いる権利と看取る権利の確立をめざして
  1 高齢期の生活問題の諸相
  2 社会的支援の方途


おわりに


お知らせ 全障研出版部
障害児・者の親の高齢期は、親自身にとっても関係者にとっても、これまで蓋をされてきたのではないでしょうか。
一方で、障害児・者の親は多くのケアを担い、ライフサイクルを通じて生活問題は積み重なってきています。
「親亡き後」の心配までしなければならないのではなく、家族が ‶当たり前” に生きることのできる社会について、著者の数々の調査や取材をもとに、課題と解決の道を考えます。
家族や日々障害のある人たちを支える施設職員のみなさんに読んでいただきたい一冊です。

2021年7月12日 出版記念トークイベント 100人こえるご参加たいへんありがとうございました。
ご注文はオンライン・カートオンラインショップへ  

■ もどる